賃貸のメリット

生活スタイルの変化に対応しやすい

賃貸には分譲とは異なるメリットがたくさんありますが、中でも大きなポイントに挙げられるのが生活スタイルへの対応力です。分譲で物件を購入してしまうと、気軽に別の場所へ移り住むのが難しくなります。その点、賃貸であれば契約を解除するだけで済むので、万が一会社の都合で突然別の場所に転勤となった時でも心配ありません。マンションやアパートといった集合住宅では、隣接する部屋との人間関係も重要となります。これらは内見の段階で確認することは難しいため、住み始めて不満が出るというケースも少なくありません。そのほかにも、契約時は日当たりが良好だったのに数年後に大きな建物が建設されて環境が悪くなる事例もあります。賃貸はこうした生活後のトラブルに対応しやすいのが魅力です。

初期費用や維持費の安さ

物件を購入する場合、大半の人が頭金を支払ってローンを組む選択をします。頭金の額は契約者の判断で決めることはできますが、返済の負担を減らすために数百万円程度は支払わなくてはいけません。賃貸物件は契約時に払うお金は数ヶ月分の家賃と敷金だけなので、高くても数十万円程度で済みます。予算に余裕がなく、少しでも出費を抑えたいという人にとってこの点は大きなメリットです。賃貸には維持費の面でも利点があります。ローンの場合、完済するまで決められた金額を支払わなければいけません。万が一支払いが滞ってしまえば住む家を失うことになります。賃貸は住み替えによって家賃の額を減らすこともできるので、仕事を辞めたなどの理由で減収した時でも安心です。