賃貸で支払いが必要になる料金は?

初期費用は条件次第で増減する

賃貸部屋を借りる際に必要な初期費用は、前家賃・敷金・礼金・火災保険料が一般的です。礼金はオーナーが建物を建築する際に公的な融資を受けて残債がある場合には受け取れないことになっています。そして、礼金有りの部屋ほどオーナーに資金力があり入居期間中にオーナー変更が起きる可能性が低いと考えて良いです。一方、不動産屋へ支払う仲介手数料は宅地建物取引業法により月額家賃の最大半月以内を貸主と借主がそれぞれ支払うことになっています。不動産屋を介さずに直接賃貸借契約を結ぶ場合には仲介者がいないため、仲介手数料そのものが存在しません。また、貸主と借主双方が納得した上で特約を結んだ場合に限り、貸主が負担する仲介手数料を借主が肩代わりして負担することが可能となります。

毎月支払う料金は家賃と管理費

賃貸借契約を結んで入居した後に毎月支払う料金は、家賃と管理費の合計額となります。管理費に関しては管理人が不在の賃貸部屋であっても、廊下やエレベーターといった共用部分の電気代や水道料金として使用するために一定額を設けていることが多いです。そして、近年賃貸マンションで広く行われている方法として、マンション全体にインターネット回線を敷設して管理費に含めることにより別途契約する必要がない方法があります。このため、家賃以外の管理費がどれくらいかかっていて、細かい内訳としてどのような使われ方をしているのかチェックすることが重要です。一方、地域の自治会へ加入するかどうかは本来任意であって、強制加入となる賃貸部屋については本当に加入が必要か見極めなければなりません。