賃貸のデメリット

将来的に賃料を払い続けないといけない

一人暮らしで貯金があまりないときの住宅として賃貸物件は非常に便利です。ワンルームから利用できますし賃料も安めに設定されている物件もあります。ただ家族が多くなって貯金がある程度あるなら賃貸以外に購入も選択できるようになります。賃貸物件を利用するデメリットとしては利用し続ける限り将来的に賃料を払い続けなければいけない点が挙げられるでしょう。注意したいのは購入なら一切住宅に関する費用が発生しないわけではない点です。固定資産税は毎年払う必要がありますし、マンションなら賃貸同様共益費が必要になり修繕積立の費用も払わなくてはいけません。単に賃料を払い続ける部分のデメリットだけを見るのではなくトータルの利便性を考えて利用した方がいいでしょう。

物件が出回る時期にシーズンがある

サービスの中にはシーズンがあり価格が高くなったり在庫が増減するものがあります。引越しなどは良く知られていますがそれ以外に住宅関連のサービスにもシーズンがあり、シーズン中は価格が高くなるので注意が必要です。賃貸物件を利用するデメリットとしてもシーズンがはっきりしている点があり、3月などは賃料交渉がしにくいだけでなく希望の物件が見つかりにくい問題もあります。このデメリットを避けたいならシーズンを避けるのが良く、シーズン前から少しずつ物件探しをしたりシーズン後に残った物件から探す方法もあります。シーズンを大きく外せば賃料交渉がしやすくなってかなりお得に借りられる可能性もあるので、探す時期の検討もしてみましょう。